News

お知らせ

おいしい約束株式会社からのお知らせです。

2020.06.24

【露菴】毎月29日 前後は!! (2020.6月~8月限定企画)

 

 

露菴肉の日6-8

詳しくはこちらをご覧ください。

2020.05.31

次亜塩素酸水使用に関する弊社の方針について

お客様各位

       2020年5月31日

おいしい約束株式会社

次亜塩素酸水使用に関する弊社の方針について

 

先日、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(以下「NITE」と言う)より、次亜塩素酸水の効果と空間噴霧の有効性、更には安全性に関する報道がございました。

この報道を受け、弊社で使用しております次亜塩素酸水とその特性等をお知らせすると共に、当社意向と今後の方針を次の通りお知らせ致します。

 

1.次亜塩素酸水の定義

一般的に次亜塩素酸水と呼ばれているものには大きく以下3つがございます。

・塩又は塩酸を原料とし、これらを溶解した水を電気分解にて生成された液

・次亜塩素酸ナトリウムを塩酸等でpH調整し水で希釈した液

・塩素系漂白液(ハイター等)を水で希釈して生成する液

【次亜塩素酸水】とは塩又は塩酸を原料とし、これらを溶解した水を電気分解にて次亜塩素酸を生成する製法を指しており、濃度は 10〜60ppm、pH は 5.0〜6.0 であること。当社が使用している機器の製法は電気分解ではなく、製品濃度においても 100〜200ppmとしていることから、当社製品は厳密には次亜塩素酸水には該当いたしません。

 

2.当社が使用している製品について

当社が使用している製品について国が定める正式な総称(名称)はなく、法的な扱いとしては【次亜塩素酸ナトリウム水溶液(次亜塩素酸ナトリウムを水で希釈した液)】と同等の扱いです。但し効果的には次亜塩素酸ナトリウムよりも優れていることは理論的根拠及び検証結果共に証明されております。表現として次亜塩素酸ナトリウム水溶液と差別化する目的で、機器メーカーの名称といたしましては「カンファスイ」【“弱酸性”次亜塩素酸ナトリウム水溶液】と称しております。

-カンファスイに関する製品情報-

https://www.haccpper.co.jp/aboutcomfosy/comfosy.html

 

3.当社にける次亜塩素酸水(カンファスイ)のこれまでの使用について

2018年4月の導入以来、自社工場にて生成したものを各店舗に配送し使用しております。

食中毒を引き起こす細菌類や、ノロウイルス対策を目的の主として、手指除菌、テーブルや椅子の除菌、調理器具除菌、加湿器による空中噴霧として利用してまいりました。

NITEは空間噴霧による【人体への安全性を評価する科学的な方法が確立していない】【国際的にも消毒液の噴霧は推奨していない】とのことで、安全面の観点より空間噴霧の使用を控える様呼びかけをしておりますが、カンファスイにおける空間噴霧による安全性については【東京農工大学】との共同研究において、動物を用いた高濃度カンファスイ(200ppm)噴霧による吸入毒性試験を実施し、一般状態や体調変化の観察、血液学的検査、血液化学的検査、病理解剖学的検査、器官重量及び病理組織学的検査のいずれの観察、検査項目においてもカンファスイ噴霧が起因とする変化は認められず、カンファスイは動物に対して何ら明らかな毒性を惹起しないとの結果が出ております。当社はこの機器メーカーの実験結果を噴霧による安全性の証明であり、根拠としてこれまで使用してまいりました。

※機器メーカーが推奨する空間噴霧に用いるカンファスイ濃度は吸入毒性試験で用いた濃度(200ppm)の 1/4 の濃度(50ppm)です。

 

4.次亜塩素酸水(カンファスイ)使用について今後の方針

この度の報道を受け、次亜塩素酸水の噴霧を継続することでお客様に不安を与える可能性があることを理由として、加湿器による空中噴霧を中止するようにいたしました。

また、新型コロナウイルス以外の細菌類、ノロウイルスなど他の食中毒リスクが無くなった訳ではないことから、これまでどおり手指除菌、テーブルや椅子の除菌、調理器具除菌、については使用を継続して参る方針です。

尚、NITEは【スプレーボトルなどで手や指、皮膚に使用することは安全性について科学的な根拠が示されていない】とのことで使用を控える様呼びかけをしておりますが、弊社使用のカンファスイについては機器メーカーにおいて【(財)日本食品分析センター】への委託試験として動物を用いた安全性試験を実施しており、経口毒性、眼刺激性、皮膚刺激性(一次的・ 累積)いずれの項目においても、毒性は認めらない結果が出ております。当社はこれを安全性の証明と根拠としております。

また、そもそも新型コロナウイルス対策としてアルコール製剤と並び次亜塩素酸ナトリウム溶液についても推奨剤として厚生労働省は当初より対策マニュアルに記しております。“次亜塩素酸”の効果全てを否定している訳では無いということを認識しています。

 

最後に

新型コロナウイルスの蔓延以前より、弊社では様々な食中毒対策に取り組んで参りました。

この度の報道にて指摘された事項については、ほとんど当社使用の製品には該当しない内容ではございますが、新たに学ぶべきことがあるのも事実です。その点は真摯に受け止め今後の衛生管理に活かし、安心してお食事を楽しんでいただけるよう努めてまいります。

 

お客様におかれましては今後もおいしい約束株式会社をご愛顧賜りますよう切にお願い申し上げます。

 

以上

2020.05.15

【焼肉】営業時間のご案内   (5月29日11:00現在)

image (12)

2020.05.15

【カルビッシュ】営業時間変更・コースメニュー再開のお知らせ

カルビッシュ5

2020.05.6

【露菴】営業再開のお知らせ

営業再開5.6

1 2 3 4 5 6 7 18