牧草育ち。だから美と健康によい栄養が詰まっています。

私達が日常的に食べてきた牛肉は、ほとんどが穀物肥育牛(グレインフェッドビーフ)。
もともと草食動物である牛に穀物を与え、牛舎の中で脂肪を蓄えさせた牛です。
一方、牧草飼育牛(グラスフェッドビーフ)は自然環境のもとで放牧され、牧草だけを食べて健康に育ちます。
その肉質は赤身がとても多く脂肪が少し黄色がかっているのが特徴。
栄養価が高いうえ、しっかりした歯ごたえと自然を凝縮したような肉本来の旨味が魅力。

のびのび牧草牛の栄養素

鉄+タンパク質

2つの相乗効果で、女性をサポート!

穀物肥育牛に比べ、牧草牛には約3倍もの鉄が含まれます。日本人女性の多くは鉄不足と言われますが、そもそも日本人はタンパク質不足が深刻。タンパク質が足りないと体内で効率よく鉄分をつくれないため、タンパク質と鉄は一緒に摂ることが大切なのです。

オメガ3脂肪酸

抗アレルギー作用や、アンチエイジングに

オメガ3脂肪酸は血液サラサラ効果ほか、抗炎症作用に注目が集まる栄養素。DHAやEPAなど青魚に豊富に含まれるものの、他の食品からはなかなか摂りにくいもの。その点、牧草牛はエサである牧草からオメガ3脂肪酸を貯えて育つため、たっぷり凝縮しています。

低カロリー&低脂肪

しっかり栄養を摂っても太らない

高タンパク質で、低カロリーなのが牧草牛の魅力のひとつ。牧草牛のカロリーは国産穀物牛の約62%、脂質は約40%(それぞれヒレ肉での比較)。体型維持が気になるという方にもオススメです。

サプリメントのように栄養素ぎっしり!

牧草牛は美肌・美髪効果につながる亜鉛、老化防止や免疫アップのためのビタミン類、体脂肪の燃焼を促進する共役リノール酸、疲労回復に役立つタウリンなどを豊富に含み、まるでサプリメントのようです。

ニュージーランドは世界で最も安全に牛を100%牧草飼育できる国

完全放牧で牛を育てるのに最適な環境にあるニュージーランド。牧草だけで成長するニュージーランド産の牛は健康で若齢、牧草牛特有の臭みやくせがなく、栄養価はお墨付き。また、国を挙げての徹底した検疫により、BSEや口蹄疫の発症率ゼロという世界第一位の安全性を誇ります。
日本向けの牛肉はすべて成長促進ホルモン剤不使用牛。